您现在的位置: 首页  新闻中心


春日部|中国共产党人的精神谱系——长征精神

作者:审核:admin来源:日本语言与文化学院点击数:47更新时间:2022-05-19

春日部丨中国共产党人的精神谱系——长征精神


二万五千里長征、略して「長征」とは、第二回国内革命戦争において、中国工農紅軍は長江南北の各革命根拠地から陝北革命根拠地への戦略的移転である。1934年十月から始まり、1936年十月に完了した。二年間、2万 5000華里 (約1万 2500km)道のりである。

 

二万五千里长征,简称“长征”,是第二次国内革命战争时期中国工农红军主力从长江南北各根据地向陕北革命根据地(亦称陕甘苏区)进行的战略大转移。1934年10月开始,1936年10月结束。历时两年,行程二万五千里。




主要内容

長征精神は、全国民と中華民族の基本的利益を何よりも優先させ、革命の理想と信念を堅持し、正義の事業が必ず勝利することを確信する精神であり、いかなる困難や障害も恐れず、すべてを犠牲にしてまで国民を救う精神であり、独立自主して、事実現実に基づいて真実を求めることを堅持する精神であり、全局を顧み、きりつを厳守、緊密に団結する精神であり、人民にしっかりと依存し、人民と生死を共に、苦難を共に、一緒に奮闘する精神である。

 

主要内容

长征精神是把全国人民和中华民族的根本利益看得高于一切,坚定革命的理想和信念,坚信正义事业必然胜利的精神;为了救国救民,不怕任何艰难险阻,不惜付出一切牺牲的精神;坚持独立自主、实事求是,一切从实际出发的精神;顾全大局、严守纪律、紧密团结的精神;紧紧依靠人民群众,同人民群众生死相依、患难与共、艰苦奋斗的精神。



発展歴史

1934年10月、王明の左傾した冒険主義の誤った指導と敵強我弱のため、中央革命根拠地(中央蘇区とも呼ばれる)は第五回反包囲討伐戦争に失敗し、紅軍第一方面軍(中央紅軍)主力は長征を開始したが、同時に紅軍の一部は現地でゲリラ戦を続けた。8月、中国共産党中央委員会と中央軍事委員会は、中央紅軍に戦略移転探索路を与えるため、紅六軍団に湘江西地区を撤退させ、湘中に遊撃戦争を発展させるよう命令した。10月、紅六軍団は紅三軍(後に紅二軍団番)と合流し、湘鄂川蘇区を創設した。

10月上旬、中央紅軍主力の各軍団がそれぞれ集結して続々と出発し、中共中央と紅軍本部及び直属縦隊は江西瑞金を発った。10月21日、中央紅軍は贛県王母渡から信豊県新田までの間で国民党軍の第1次封鎖線を突破し、粤・江西・湘粤・湘桂方面に沿って西へ向かい、11月15日までに国民党軍の第2、3次封鎖線を突破した。しかし博古、李徳などの指導者は一方的に退却して、消極的に戦を避けて、紅軍に引き続き不利な地位に置かせた。中央軍事委員会は興安・全州間から湘江を渡ることを決定し、血で血を洗う奮戦の末、十二月一日に湘江(すなわち第四の封鎖線)を渡ったが、苦戦の連続で赤軍は激減した。一二月中旬、湘黔辺に到着したとき、毛沢東は当初予定していた湘西に入り第二、六軍団と合流することを断念した。中国共産党中央政治局は28日、黎平で会議を開き、毛沢東の主張を受け入れ、遵義を中心とする川黔辺地区に進むことを決定し、紅軍は壊滅の危険を免れた。1935年1月7日、紅軍は遵義を占領した。1月15 ~ 17日、中国共産党中央じゅんされた政治局拡大会議で集中してまとめた第5回反失敗の経験を教訓に、「キャンペーン」を正すと申します」「左傾した冒険主義が、軍事的に間違った、毛沢東を确立した代表の中国共産党中央の正しい指導、紅軍の修正の戦略の指針を制定し、そして最も危険な瀬戸際で紅軍と中国共産党を救った。今回の会議は中国共産党と労農紅軍の歴史における偉大な転換点である。三月には、事実上毛沢東を首班とし、周恩来、王稼祥が参加する三人の軍事指揮班が結成された。彼らは中共中央、中央軍事委員会の名で紅軍の行動を指揮した。

遵義会議の后、川の敵を考慮して、中央紅軍は遵義を撤退することを確定した後、川黔淀と貴州省内で迂回して交わります。特に四渡赤水の過程で、中央紅軍は机働的に戦闘机を創造して、運働作戦、各殲敵、少勝多、それによって受動的になって能動的になる。やがて敵の不意を衝き、主力は南に烏江を渡って貴陽に迫り、すぐ西進し、4月下旬には一部をもって翼側に策応した。5月初め、金沙江を渡って、数十万の国民党軍の包囲を逃れて、戦略の移働の中で意義のある勝利を獲得しました。正しい民族政策の実施により、紅軍は無事に大涼山イ族区を通過した。続いて大渡河を渡り、瀘定橋を奪い取り、雪の積もった夾金山を越えた。6月中旬、紅四方面軍と懋功で合流。

紅四方面軍はもともと川陝根拠地にあり、川甘辺に発展するため、1935年3月28日から4月28日まで嘉陵江を渡る戦いで大きな勝利を収めた。しかし、紅四方面軍の主要指導者張国トウなどは、川陝根拠地(川陝蘇区とも呼ばれる)を放棄して西に移働することを決めた。5月初め、総勢八万余が長征を開始し、中旬には茂県(現・茂汶)、理番(現・理県)を中心とする広大な地域を占領した。

紅第一、第四方面軍が合流した後、紅軍は北方に川陝甘根拠地を建設することを戦略方針とし、中共中央は両方面軍を左右両路軍に混成して草地を北上することを決定した。中共中央は右軍とともに草地を越え、バンユー、ブラジル地区に到着した。8月末、右路軍一部は国民党軍第49師約5千余人を包座で全滅させ、甘南へ前進の門戸を開いた。9月、張国トウが左路軍を率いてアバ地区に到着すると、中共中央の北上方針を拒否し、中共中央と右路軍を脅して南下した。毛沢東らは九月一〇日に第一、第三軍(後に陝甘支隊を構成)を率いてさらに北上し、臘子口を奪取し、国民党軍の渭河封鎖線を突破して六盤山を越え、一〇月一九日に陝北呉起鎮(現在の呉旗県城)に到着して、先に長征を終えた。11月21日から24日にかけて直羅鎮戦戦の勝利を収め、党中央と紅軍が陝北に根を下ろす基礎を定めた。

国民党軍が鄂豫皖根拠地を包囲攻撃する中、紅二十五軍と鄂豫皖省委員会は中共中央の指示に従い、1934年11月に河南省羅山県から西に移動し、鄂豫陝辺に根拠地を建設し、国民党軍の2度の「包囲討伐」を粉砕した。翌年7月には隴東を通過し、9月には陝甘根拠地の第二六、二七軍と合流し、第十五軍団に編成された。第一、第三軍団が到着すると、紅一方面軍に編成された。

湘鄂川黔根拠地の紅軍第二、第六軍団は、1935年11月に湖南省桑植を出発し、湖南、貴州、雲南の三省を転戦し、国民党軍の迎撃を打ち破り、金沙江を渡り、西康、四川を経て、1936年6月末に甘孜に至り、張国トウ率いる紅四方面軍と合流した。二、六軍団を合わせて二方面軍とする。7月、第二、第四方面軍は共に北上し、紅一方面軍の援護を受け、10月には甘肅省会寧県城と静寧県将台堡で紅一方面軍と合流した。これにより紅軍の長征は終了した。

 

历史内容

1934年10月,由于王明“左”倾冒险主义的错误领导,以及敌强我弱,中央革命根据地(亦称中央苏区)第五次反“围剿”战争遭到失败,红军第一方面军(中央红军)主力开始长征,同时留下部分红军就地坚持游击战争。8月,中共中央和中央军委为了给中央红军战略转移探索道路,命令红六军团撤离湘赣苏区,到湘中发展游击战争。10月,红六军团与红三军(后恢复红二军团番号)会合,并创建了湘鄂川苏区。

10月上旬,中央红军主力各军团分别集结陆续出发,中共中央和红军总部及直属纵队离开江西瑞金就途。10月21日,中央红军从赣县王母渡至信丰县新田间突破国民党军第一道封锁线,沿粤赣边、湘粤边、湘桂边西行,至11月15日突破了国民党军第二、三道封锁线。然而博古、李德等领导人一味退却,消极避战,使红军继续处于不利地位。中央军委决定从兴安、全州之间抢渡湘江,经浴血奋战,于12月1日渡过湘江(即第四道封锁线),由于连续苦战,红军锐减。12月中旬,抵达湘黔边时,毛泽东力主放弃原定进入湘西与第二、六军团会合的计划。28日,中共中央政治局在黎平开会,接受了毛泽东的主张,决定向以遵义为中心的川黔边地区前进,使红军避免了覆亡的危险。1935年1月7日,红军占领遵义。1月15日至17日,中共中央在遵义举行了政治局扩大会议,着重总结了第五次反“围剿”失败的经验教训,纠正了王明“左”倾冒险主义在军事上的错误,确立了以毛泽东为代表的中共中央的正确领导, 制定了红军尔后的战略方针,从而在最危险的关头挽救了红军和中国共产党。 这次会议是中国共产党和工农红军历史上一个伟大的转折点。3月,组成了实际上以毛泽东为首,周恩来、王稼祥参加的三人军事指挥小组。他们以中共中央、中央军委的名义指挥红军的行动。

遵义会议后,鉴于川敌布防严密,中央红军确定撤离遵义后,在川黔滇边和贵州省内迂回穿插。特别是在四渡赤水的过程中,中央红军灵活机动地创造战机,运动作战,各个歼敌,以少胜多,从而变被动为主动。随后出敌不意,主力南渡乌江,直逼贵阳,迅即西进,4月下旬以一部在翼侧策应。5月初,抢渡金沙江,摆脱了几十万国民党军的围追堵截,取得了战略转移中具有决定意义的胜利。由于执行了正确的民族政策,红军顺利通过大凉山彝族区。接着强渡大渡河,飞夺泸定桥,翻越终年积雪的夹金山。6月中旬,与红四方面军在懋功会师。

红四方面军原在川陕根据地,为向川甘边发展,1935年3月28日至4月28日取得强渡嘉陵江战役的重大胜利。然而红四方面军主要领导人张国焘等擅自决定放弃川陕根据地(亦称川陕苏区)向西转移。5月初,共八万余人开始长征,中旬占领了茂县(今茂汶)、理番(今理县)为中心的广大地区。

红一、四方面军会师后,红军以北上建立川陕甘根据地为战略方针,中共中央决定将两个方面军混合编为左、右两路军过草地北上。中共中央随右路军跨过草地,抵达班佑、巴西地区。8月底,右路军一部在包座全歼国民党军第四十九师约五千余人,打开了向甘南前进的门户。9月张国焘率左路军到达阿坝地区后,拒绝执行中共中央的北上方针,并要挟中共中央和右路军南下。毛泽东等于9月10日急率第一、第三军(后组成陕甘支队)继续北上,夺取腊子口,突破国民党军渭河封锁线,翻越六盘山,于10月19日到达陕北吴起镇(今吴旗县城),先期结束了长征。11月21日至24日取得了直罗镇战役的胜利,为党中央和红军扎根在陕北奠定了基础。

在国民党重兵对鄂豫皖根据地围攻的情况下,红二十五军和鄂豫皖省委按照中共中央指示,于1934年11月从河南罗山县开始西移,在鄂豫陕边建立根据地,粉碎国民党军两次“围剿”。次年7月过陇东,9月与陕甘根据地的第二十六、二十七军会师,合编为第十五军团。第一、三军团到达后,与之合编为红一方面军。

在湘鄂川黔根据地的红军二、六军团,于1935年11月从湖南桑植出发,转战湖南、贵州、云南三省,击溃国民党军的拦截,渡过金沙江,经西康、四川,于1936年6月底至甘孜,与张国焘率领的南下受挫的红四方面军会师。二、六军团合组为二方面军。7月,二、四方面军共同北上,在红一方面军接应下,10月先后在甘肃省会宁县城和静宁县将台堡与红一方面军会师,至此,红军长征结束。





歴史意義

中国工農紅軍の長征の勝利は,人類歴史上の奇跡である。この二年間に、14の省を転戦し、紆余曲折を経て、幾多の困難や障害を乗り越え、革命の基幹力量を保存・鍛錬し、中国革命の大本営を西北地域に移し、抗日戦争と中国革命事業の発展のため条件を作り出した。




历史意义

中国工农红军长征的胜利,是人类历史上的奇迹。在整整两年中,红军长征转战十四个省,历经曲折,战胜了重重艰难险阻,保存和锻炼了革命的基干力量,将中国革命的大本营转移到了西北,为开展抗日战争和发展中国革命事业创造了条件。

 

历史是最好的教科书。作为中国共产党人红色基因和精神族谱的重要组成部分,长征精神已深深融入到中华民族的血脉之中。新时代的青年必当勇担重任,积极进取,走好新时代的长征路。



翻译:日本语言与文化学院学生党支部卢盈

校对:日本语言与文化学院教工党支部曾玉婷

录入:董博